米国財団法人 野口医科学研究所

サイトマップ

お問い合わせ

HOME

 
設立趣旨 あゆみ 組織概要 臨床留学プログラム アラムナイ活動及び研修レポート セミナーのご案内 野口ニュース
臨床留学プログラム

臨床留学プログラム

TOP  セミナー案内

臨床留学プログラム

主催: 野口アラムナイ
後援: 野口医学研究所/亀田総合病院
日時: 2009年7月10日(金) 〜 7月12日(日)
場所: 亀田総合病院Kタワー13階 ホライズンホール
対象: 医学部5・6年生、医学教育担当教官・指導医

<ケアネットTVによる内容紹介>

町淳二先生、岸本暢將先生、津田武先生、香坂俊先生のセミナーの模様がDVDになりました。

http://www.carenet.tv/products/detail.php?product_id=533&before_cid=0

※上記から動画サンプルを見ることができます。

<セミナー概要>

Common Diseasesの臨床や病態生理の理解から問題解決に導くアプローチを学びたい学生そしてこのような教育方法を学びたい医学教育従事者の参加を募り、第1回Noguchi Summer Medical Schoolを実施しました。日米の医学教育を経験している各科米国専門認定医が講師となり、米国の大学病院・教育病院において日常行われているディスカッションによる教育を実践(一部英語)。更に、講師と直接コミュニケーションできる時間を多く設定し、参加者と講師が共に学びあい、盛り上げ、楽しく且つ有意義に行われました。
   ● プログラム紹介
   ● 講師紹介

<セミナーを終えて>

第1回夏期医学教育セミナーNoguchi Summer Medical Schoolを終えて
去る平成21年7月10日から12日まで千葉県鴨川市にある亀田総合病院にて開催された医学教育セミナーは、北は北海道、南は沖縄から34名の医学生(5・6年生)、15名の研修担当医師・後期研修医と11名の講師を集めて2泊3日の熱いセミナーを終えた。本セミナーの主旨は、従来の知識伝授型の疾病中心の受動的な系統講義主体の日本の卒前医学教育Disease-Oriented Didactic Lecturesに対して、ひとりの指導医の下に小グループで患者からの情報から患者の持つ重要な問題を同定して解決してゆく形の相互交流型のInteractiveな医学教育Problem-Oriented Solvingを導入することを目標とした。この方式は、 ……
                                                     → 全文を読む

<参加者の声>

◆◇アンケート結果◇◆
参加者全員からアンケートを回収しましたので報告いたします。             → 詳細はこちら

◆◇参加者K・M(医学部5年生)◇◆

今回のセミナーには、アメリカで研修された優秀な先生方だけでなく、日本全国から優秀な学生が集まっており、その皆さんとセッションやHappy Timeを通じて3日間という時間を共有できたことは、非常に楽しかったというだけでなく、人生の大きな財産になったと言っても過言ではないような感じがしています。本を読んで勉強しても今回のセミナーで教えて頂いた医学知識を得ることだけに関して言えば不可能なことではないですが、やはり他大学の同期の優秀な学生や将来のRole modelにしたいと思えるような能力的にも人間的にも優れた先生方と直接交流できたことはかけがえのない経験になりました。これほど密度の濃い時間は、普段の病棟実習ではなかなか味わえないものだったと思います。とても良い刺激をたくさん受けることができました。セミナーを主催してくださった野口医学研究所の皆様や講師の先生方を始め、今回のセミナーを作り上げてくださったすべての方に感謝しています。今回学んだことを生かし、今後も良い医師になるために努力していきたいと思います。ありがとうございました。

◆◇参加者T・T(医学部6年生)◇◆
他の学生と交流する中で一番初めのショックは、みんな非常に知識があるということでした。さらに学ぶことに積極的であり、学ぶこと自体を楽しんでいる様子は印象的でした。他大学の学生が自主的に後輩を教えていたり、自分の大学の教育を良くしたいと取り組んでいることを知り、町先生からは「Learning is teaching」と教えていただき、自分も教育者とならなければいけないという認識を持ちました。そして、何より今回のセミナーのセッションで経験したような、純粋な学ぶ喜びを他の医学生に伝えたいと思いました。そして、今回の講師の方々のような良い教育者になるためにも、将来は臨床留学してアメリカの優れた教育システムを学びたいと、改めて決意しました。今回のセミナーでは非常に貴重な経験をすることが出来て、臨床留学以外の面でも良い刺激を受けることが多くありました。今後は非常に忙しくなりますが、今回得たことを忘れずに頑張っていこうと思います。そして、また野口研究所のセミナーがあれば是非参加させて頂きたいと思っています。今回はどうもありがとうございました。また宜しくお願い致します。