米国財団法人 野口医科学研究所

サイトマップ

お問い合わせ

HOME

 
設立趣旨 あゆみ 組織概要 臨床留学プログラム アラムナイ活動及び研修レポート セミナーのご案内 野口ニュース
臨床留学プログラム
臨床留学プログラム

医科医師の方へ エクスターン

医科医師の方へ 新研修制度

医学生の方へ

歯科医師の方へ

看護師の方へ

栄養士の方へ

臨床留学プログラム

TOP  臨床留学プログラム  医科医師の方へ

臨床留学プログラム
 

歯科医師・獣医師や薬剤師・看護師・管理栄養士等コ・メディカルスタッフの海外研修への門戸も開かれています。

 
            2018年の申込は終了致しました。

<日時>

2018年12月9日(日)  9:00〜18:00 (受付開始 8:30)

 

<研修先>

トーマスジェファーソン大学(TJU)関連病院:
Thomas Jefferson University Hospital, Wills Eye Hospital, Rothman Institute, Jefferson Hospital for Neuroscience, Methodist Hospital, Magee Rehabilitation Hospital, Nemours/DuPont Hospital for Children, etc.
ペンシルバニア大学(UPenn)関連病院:
Hospital of the University of Pennsylvania (HUP), The Children's Hospital of Philadelphia (CHOP), etc.

ハワイ大学(UH)関連病院:

Kuakini Medical Center, Queens Medical Center, Kapiolani Medical Center

 

★原則として上記のいずれかでのエクスターン研修となります。ただし、ハワイ大学の内科は受け入れ時期、人数共に非常に少ない状況です。

レガシーヘルス※1やその他※2に関しては、調整に時間を要する場合がありますので予めご相談下さい。

 

レガシーヘルス(Legacy Health)関連病院※1:
Legacy Emanuel Medical Center, Randall Children's Hospital at Legacy Emanuel, Legacy Good Samaritan Medical Center, Legacy Meridian Park Medical Center, etc.

その他※2:
Hahnemann University Hospital, Temple University Hospital, University of Michigan Hospital and Health Centers, New York University affiliated hospitals, Mount Sinai Beth Israel, Massachusetts General Hospital, etc.

<研修内容>

3〜4週間のエクスターン研修

★どの研修先においても基本的に見学となります。

<研修時期>

2019年4月〜2022年12月(6・7月は除く)
★上記期間中に研修先と研修生の日程を調整して決定します。

<応募資格>

(1)
医学部6年生(2019年3月卒業見込み)もしくは卒業後日本の医師免許を取得している者
(2)
一般的なコミュニケーション英語能力、医療英語能力がある方。またUSMLEに合格していることが望ましいが、これに準ずる能力を有している者も可
(3)
米国での臨床研修に目的意識を持って、意欲的に取り組んでいる者
(4)
研修後、野口医学研究所の教育活動・医学交流等の活動に積極的に協力する意志のある者

<研修費用>

米国大学への研修費は当財団が負担しますが、滞在費、交通費は自己負担となります。

<応募方法>

(1)
【申込フォーム(こちら)】から申込をお願いします。
(2)
(1)の申し込み終了後、以下提出書類をメール添付にて送付して下さい。なお、Eについては推薦者から直接財団宛に郵送して下さい。

書類送付先:ryugaku@noguchi-net.com

A:
顔写真付き履歴書(和文、ここからダウンロード
※1枚に収めること。
B:
写真付きCurriculum Vitae:CV(英文)
C:
志望理由(日本語):「なぜ米国留学を希望するのか」という内容を含めること。(A4で 1枚以内)
D:
Personal Statement:PS(英文)「なぜ米国留学を希望するのか」という内容を含めること。(A4で1枚以内)
E:
英文の推薦状2通(2人の推薦人から直接財団宛に郵送すること)
F:
TOEFL(CBT/PBT/iBT)・IELTS・TOEIC・PTEAのいずれかの成績証明書のコピー
G:
USMLE step1、step2 CKの合格者はそのscore reportのコピー、step2 CSの合格者は合格証のコピー、ECFMG certificateを保持者はそのコピー
【注意】
推薦状以外の書類は全て、必ずA4サイズのPDFにしてから送って下さい。
(データは個々でも結合したものでも構いません)
B、Dは、米国研修先に提出するつもりで作成して下さい。
Fの受験をしていない人は、必ず受験をして成績証明書を提出して下さい。
英文の書類については、英語を母国語とする方にあらかじめ査読して頂くことをお勧めします。
推薦状は、送付が完了しているか必ず確認をして下さい。提出期限が過ぎますと、受験対象外となりますのでご注意下さい。
書類の内容だけでなく、上記規定を満たした書類で提出されているかも審査項目の1つとなります。

英文の書類については、英語を母国語とする方にあらかじめ査読して頂くことをお勧めします。

参考文献:編者 佐藤隆美『アメリカ臨床医学への道』南山堂

<会場>

米国財団法人野口医学研究所 4階会議室

〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-12-9
         スズエ・アンド・スズエビル4階

TEL:03-3501-0130

○銀座線「虎ノ門」下車 1番出口を出て徒歩5分

 

※詳しいアクセス方法は こちらにてご確認下さい。


<選考会受験料> 

¥8,000 

振込先:
三井住友銀行 霞ヶ関支店(店番639) 普通口座 6825245
特定非営利活動法人 野口医学研究所
        ※振込みの際は、必ず氏名を入力して下さい。

<申込締切> 

 2018年の申込は終了致しました。

<選考方法>

@書類審査
A英語と日本語による面接とPBL方式グループディスカッション

<募集要項> 

選考会募集要項の印刷用(PDF版)はこちらからダウンロードして下さい。

<結果通知>

2018年12月中に、書面にて通知いたします。

<選考会スケジュール>

確定後、受験者の方にのみお送りします。

<問い合わせ先>

米国財団法人野口医学研究所
TEL03-3501-0130 URLhttp://www.noguchi-net.com/
医学教育&交流担当: 杉田恭子、樫本享子 ryugaku@noguchi-net.com