米国財団法人 野口医科学研究所

サイトマップ

お問い合わせ

HOME

 
設立趣旨 あゆみ 組織概要 臨床留学プログラム アラムナイ活動及び研修レポート セミナーのご案内 野口ニュース
アラムナイ活動及び研修レポート
臨床留学プログラム

アラムナイ主要メンバー

USMLE体験記

CV・PSについてのアドバイス

本のご紹介

臨床留学プログラム

臨床研修レポート

ジャーナル掲載記事

アラムナイ活動及び研修レポート

TOP  アラムナイ活動及び研修レポート  臨床研修レポート

アラムナイ活動及び研修レポート

UHでの実習レポート

木谷茉莉


 

 今回、University of Hawaii, John A. Bruns School of MedicineでのClinical reasoning workshopに参加させていただきました。ホノルルに到着し、やや心もとない天気の中、ワークショップの初日を迎えました。現地スタッフのKori-Joさんが私達を非常に暖かい雰囲気で迎え入れてくれ、Dr. Sakaiは私達に丁寧な英語で語りかけてくれ、その場にすんなりと溶け込むことが出来ました。今回のワークショップに参加し、私がアメリカ医学教育にどのように触れ、その度に印象に残った事や考えた事をこの場をお借りして報告したいと思います。
ワークショップで、印象深かったこと2点について特に書きたいと思います。
まず、シミュレーション人形を用いた臨場感あふれる救急実習です。Dr. Sakaiが、「本物の人だと思って接しなさい。」「緊急の場面で、現場で感じられる緊迫感や焦り、いらだち、とまどいを含めた上で必要な判断ができるようになることが大切」とおっしゃっていたのはその通りだと思いました。この救急実習により、アメリカでの救急現場を確かに実感することができました。
次に、火曜日と木曜日に行われた模擬患者の問診と簡単な身体診察(アメリカのOSCE)です。私の順番は火曜日の最初であったため、非常に緊張しました。日本でのOSCEで模擬患者さんに言われた注意点も念頭に問診終了後、数人のビデオを見て皆でレビューすることによって、自分ができなかったことを見つめることができました。患者さんへの気遣いや配慮をいかに行動で示す事ができるか、そして特に木曜日の禁煙指導では、患者さんへの勇気付けや心強い励ましが患者の決断や方向性にどれほど影響を与えることができるのかを感じることができました。そして、その根底にはケアの「心」が基本にあるということ、そして問診の中だけでも、「患者中心の医療」」が成し遂げられていることを身近に感じそして客観的に見ることができました。ビデオレビューなしでは、自分の反省のみでやったままとなり、ここまで感じることはなかったと思います。
その他、ハワイ大学の医学生の多くが講義よりも好むと言う、PBL式シナリオ症例検討を行いました。ここでは、疾患名や、その症状などの英語での説明が難しく感じました。他にも、内視鏡操作の訓練やアメリカの医学生Taylorの胸部エックス線の読み方の講義等どれも非常に実践的であり、そのまま医療現場で使える形で学ぶことができました。
これらの体験から、アメリカ医学教育は、根付いた知識を基盤に、それらを実体験や他の学生との関わり等の情報入力の中で自ら外に発信すること、“output”に焦点が置かれていることがよくわかりました。また、 家庭医療を行う上で、今回学んだこと、つまり、病歴聴取から身体所見、病態からの鑑別、診断という一連の流れ全てが実際に用いられています。こういったツールをアメリカで実践することができたことは大きな収穫です。アメリカの医学生は、この問診から診断、治療の計画までの流れを実習の段階でできるように指導を受けながら訓練すると聞きます。私はこれから大学病院での病棟実習が始まるので、今回の経験を常に忘れずに、出来るだけ自分からも発信できるようにしたいと思います。今回、病院や家庭医療での現場を見ることができなかったことは残念ですが、いつかまた機会を見つけてアメリカの医療現場を見ることができる時までにもう少し自分もアメリカのチームワーク医療の一員になれるようになっていたいと思います。
今回のワークショップで何よりも貴重であったのは、ハワイ大学や全国各地のワークショップ参加学生との出会いです。沢山の異なるバックグランドの人達と出会い、語り合うことが出来たことを本当に嬉しく思います。
最後に、このような機会を与えて下さった町先生をはじめとした野口医学研究所の皆様、先生方、現地スタッフの皆様、先生方に心よりお礼申し上げます。有り難うございました。

 

 

・アラムナイ活動
 アラムナイ主要メンバー
 USMLE体験記
 CV・PSについてのアドバイス
 本のご紹介
・ジャーナル&研修レポート
 臨床研修レポート
 ジャーナル掲載記事