米国財団法人 野口医科学研究所

サイトマップ

お問い合わせ

HOME

 
設立趣旨 あゆみ 組織概要 臨床留学プログラム アラムナイ活動及び研修レポート セミナーのご案内 野口ニュース
アラムナイ活動及び研修レポート
臨床留学プログラム

アラムナイ主要メンバー

USMLE体験記

CV・PSについてのアドバイス

本のご紹介

臨床留学プログラム

臨床研修レポート

ジャーナル掲載記事

アラムナイ活動及び研修レポート

TOP  アラムナイ活動及び研修レポート  臨床研修レポート

アラムナイ活動及び研修レポート

UHでの実習レポート

小川 萌


<ワークショップ参加理由>
 私は6年生の選択期間で海外臨床実習(イギリス・産婦人科)を控えており、英語での臨床実習に必要なエッセンスを学びたいと考えておりました。患者さんの問診や身体所見を取ることは、OSCE(手技試験)を経て大学の臨床実習で幾度と練習してまいりましたが、このような基本的スキルについてのアメリカでの教育スタイルと、日本では教わらないようなポイントを知る目的で、今回のワークショップに参加させていただきました。
 また、私はアメリカへ臨床留学することも将来視野に入れており、以前、ハワイ大学で家庭医療コースを修了した先生の体験談を伺って関心を抱いていたため、ハワイ大学のコースを選ばせていただきました。

 

<ワークショップの内容>
JABSOM(John A. Burns School Of Medicine)の施設見学、ケーススタディ(胸痛・息切れ・腹痛)、身体所見の取り方、シミューレーション患者さんを対象とした診察とそのフィードバック等がメインプログラムでしたが、ハワイ大学病院でレジデントをしている日本人医師たちとの交流会も企画してくださいました。
英語での問診の言い回しやopen-ended questionで質問する時のコツ、日本の大学では学ぶことのなかった診察法(例えば、虫垂炎を示唆するObturator Sign)等、実践的なスキルを見につけることができただけでなく、米国で医師として労働することについて実際の様子を知ることができ、将来の見通しを考える上でも大変有意義な体験となりました。

 

<最も印象的であったこと>
様々なプログラムを体験し、新たな知識をたくさん得られましたが、私にとって最も印象深かったのは町淳二先生からのレクチャーで、特に“ジェネラリストの必要性”と“医師=doctor(国際性豊かな医師)=先生(teacher, educator)”という2つのトピックに感化されたように思います。
町先生のお話しを伺ううちに、私が医師を志し始めた頃に抱いていた理想の医師像は、スペシャリストではなく、ジェネラリストであったことが改めて思い出され、自分の原点を回想している気持ちになりました。将来の診療科としてはジェネラル系(総合内科・救急科・家庭医療)も考えている一方、より高度な医療を提供する専門医の道も魅力的に感じられます。全ての研修医はまずジェネラリストとしての診療能力の見につけることが理想と考えられました。
また、先生は将来医師となる私たちに向け、医師=先生、教育者になるようにとメッセージをくださいました。医師は医療者であるだけでなく、後輩たちを育成し、患者さん方に正しい知識を教える立場(患者教育)であると仰いました。今回のワークショップには医学部3年生から5年生までが参加していたこともあり、各人の知識・スキルにばらつきがありましたが、case studyや診察の練習時には自然と高学年が低学年に教えており、私たちも無意識のうちに“education”を実践していたようでした。是非今後も、このようなスタイルを継続していき、また、患者さんに正しく情報を伝える工夫をしてより適切に患者教育できるよう努めたいと思いました。

<終了後に考えたこと、将来ビジョン>
私は所属する大学内で海外臨床実習向けの医学英語クラスを選択していたため、最も基本的な用語は身についており、ワークショップで扱われた内容に関しては十分に理解できました。しかし、実際の臨床現場に行くためには、現時点ではかなり不足していることが分かりました。十分な診療を行うためには、知識やスキルのみならず、非常に高度な語学力・語彙力が必要とされることも実感しました。
今回のワークショップに参加した学生は皆モチベーションが非常に高く、症例検討の意見交換や将来の目標・夢の語らいも、とても楽しかったです。近い将来、頼もしい同期となるたくさんの「自慢の友人」を得られたことも心から嬉しく思います。
将来ビジョンとして、まずはジェネラリストになることを当面の目標に、日本で医師の道をスタートさせたいと考えております。そして、臨床能力がある程度備わり、サブスペシャリティについても具体的に考えられるようになった頃、アメリカへ臨床留学に行き、residencyを経て更に自分の力を伸ばしていきたいと思いました。依然として研究(基礎・研究共に)への興味も強く残っているので、そのことに関してはバランスよく取り組みたいです。
今回のワークショップを経て、自分の将来の医師像に“国際性”がしっかりと組み込まれました。このような素晴らしい機会を与えてくださった野口医学研究所の皆さま、ハワイ大学のSakai先生、Omori先生、Tabataさん、Sande-Kerbackさん、その他プログラムをコーディネートしてくださった全ての方々へ、心より感謝いたします。誠にありがとうございました。


 

 

・アラムナイ活動
 アラムナイ主要メンバー
 USMLE体験記
 CV・PSについてのアドバイス
 本のご紹介
・ジャーナル&研修レポート
 臨床研修レポート
 ジャーナル掲載記事