米国財団法人 野口医科学研究所

サイトマップ

お問い合わせ

HOME

 
設立趣旨 あゆみ 組織概要 臨床留学プログラム アラムナイ活動及び研修レポート セミナーのご案内 野口ニュース
臨床留学プログラム

臨床留学プログラム

TOP  セミナー案内

臨床留学プログラム

主催:野口アラムナイ   

共催:米国財団法人野口医学研究所

後援:一般社団法人野口医学研究所

本セミナーは終了しました。多くの方にご参加頂き有難うございました。 

<セミナー概要>

◆日  時◆  20127月14日(土)〜16日(月)
◆場  所◆  晴海グランドホテル

◆講  師◆  【内  科】平岡 栄治、北薗 英隆、岸本 暢將、北野 夕佳、神谷亨、香坂 俊、藤谷 茂樹
                厨 芽衣子、Gautam Deshpande、Sandra Moody

          【小児科】津田 武、井上 信明、植田 育也

          【外  科】町 淳二、岸田 明博、窪田 忠夫、山内 英子、Alan Lefor

          【家庭医】佐野 潔、岡田 唯男、堤(滝沢) 美代子、吉岡 哲也

◆参加者◆  学生:48名   研修医:9名   指導医:9名  (合計 66名)
◆テーマ◆
 "臨床におけるArtとScienceの追究"
◆概  要◆

7月14日の正午から16日の昼にかけて、3日間、Small group (講師1人に対して参加者6名程度)でinteractiveな症例検討のセッションを中心に合計8セッション実施しました。

今回のセミナーでは、

@小グループ(1グループ8名)での学生たちの積極的な参加に基づく魅力的な医学教育の実践

A病歴と身体所見から病態生理を推論し、そこから診断と治療に導く科学的なアプローチ

Bアメリカの卒前医学教育に準拠した教育内容:一部英語によるCase Discussion

C合宿形式の導入:学生間、講師・学生間の活発な相互交流mutual interactionの推奨(HappyHour)

D医学・医療現場におけるArtの議論(HappyHour):「医師」として「病人」を診ることの大切さ

E新しい教育形態の導入(「高知方式KochiMethod」)

            という6点を主な特徴・目的としました。

            更にSummer Medical Schoolの実行委員会では、Travel Awardとして参加者全員の提出作文を審査し、最優秀賞1名、優等賞2名、佳作2名を選考し表彰しました。


   ● プログラム紹介
   ● 講師紹介   

   ● セミナーの模様

   ● Hybrid Methodアンケート結果

   ● 全体アンケート結果

   ● 全体アンケートコメント

   ● Travel Award受賞者作文

      最優秀賞(The Dr. Yoshihisa Asano Award of Excellence):自治医科大学 6年 武原 あやか

      優秀賞(The Dr. Takami Sato Award of Excellence):自治医科大学 6年 青山 拓也

                                       日本大学 6年 河住 亮

      佳作(The Dr. Ikuya Ueta Award of Excellence):埼玉医科大学 6年 日下 伸明

                                     慶應義塾大学 6年 石塚 あずさ 

  

ポスター↑】クリック