米国財団法人 野口医科学研究所

サイトマップ

お問い合わせ

HOME

 
設立趣旨 あゆみ 組織概要 臨床留学プログラム アラムナイ活動及び研修レポート セミナーのご案内 野口ニュース
アラムナイ活動及び研修レポート
臨床留学プログラム

アラムナイ主要メンバー

USMLE体験記

CV・PSについてのアドバイス

本のご紹介

臨床留学プログラム

臨床研修レポート

ジャーナル掲載記事

アラムナイ活動及び研修レポート

TOP  アラムナイ活動及び研修レポート  臨床研修レポート

アラムナイ活動及び研修レポート

UHでの実習レポート

浦部昭子

 

今回、野口医学研究所のプログラムにより春休みに1週間ハワイ大学に行くことが出来て、たくさんのことを学び、本当に良い体験となりました。ここで書面ではありますがこのような貴重な体験をさせていただいた野口医学研究所の皆様には心から御礼を申し上げると共に、ハワイで出会ったたくさんの友達、そして支えてくれた友達や家族に心から感謝したいと思います。
今回のプログラムで得られたことはたくさんありますが、特に良かった点はアメリカと日本の医療の違いを実感できたということです。アメリカと日本の医療は違う点がたくさんあります。例えば、総合診療。アメリカでは家族にそれぞれホームドクターがいて、彼らがまず、問診や身体所見をとって診断をつけます。ところが日本では最初から細分化された科の先生に患者さんは見てもらい、身体所見は取るものの、レントゲンやCTを気軽に撮る傾向にあります。日本の病院はCTやレントゲン撮影機が小さい病院にさえ行き渡っていて素晴らしいことだとは思いますが、医療費が高額になってしまうという欠点があります。しかしホームドクターがいれば、重症な病気を除いて、家族一人一人の健康管理ができるので医療費があまりかからないというメリットが有ると思います。しかし、日本の医療は国民皆保険のおかげでとても安くすみます。逆にアメリカでは簡単な治療でさえ高額請求されてしまうということがあります。日本は医療が進み、とても素晴らしい環境下だと思います。だからこそ、日本ではあまり広まっていない家庭医という概念を学び、いずれそれを日本で生かしていけるのではないかと考えられたことが、一番ハワイで良かった点ではないかと思います。
次に素晴らしい友達と出会えたことが何よりの貴重な体験になったと思います。今回のハワイで出会った友だちは皆自分の将来設計をしっかりと持ち、突き進んでいる人たちばかりでした。私も漠然と将来の夢はあったものの、友達の将来の夢を聞いて刺激を受けると共に、彼らと日本の医療に貢献したいと強く思える様になりました。一人の力では出来ないことも彼らと一緒なら可能かもしれないと思える友だちが出来たことは本当に良かったと思います。また、彼らと勉強会を誘い合って行こうと計画しています。このように切磋琢磨できる友だちが出来たことは、他のプログラムでは得られない経験だと思います。

 また、日本にいていつも当たり前のように接する友達や家族がいかに大事かを学びました。海外で大変なことが起きた時に、連絡を必死で取ってくれた友達、寂しい時に時差を気にせずに話し相手になってくれた友達、そして笑顔で送り出してくれた家族。今回、ハワイに留学する機会を作ってくださった野口の方々ももちろんのこと、今まで支えてくれた周りの人達にも心より感謝したい、と思えたことも、留学を経験してのことではないかと思います。本当にありがとうございました。今回の機会を生かして、将来自分の道に進めるように更に努力して行きたいと思います。

 

・アラムナイ活動
 アラムナイ主要メンバー
 USMLE体験記
 CV・PSについてのアドバイス
 本のご紹介
・ジャーナル&研修レポート
 臨床研修レポート
 ジャーナル掲載記事