米国財団法人 野口医科学研究所

サイトマップ

お問い合わせ

HOME

 
設立趣旨 あゆみ 組織概要 臨床留学プログラム アラムナイ活動及び研修レポート セミナーのご案内 野口ニュース
アラムナイ活動及び研修レポート
臨床留学プログラム

アラムナイ主要メンバー

USMLE体験記

CV・PSについてのアドバイス

本のご紹介

臨床留学プログラム

臨床研修レポート

ジャーナル掲載記事

アラムナイ活動及び研修レポート

TOP  アラムナイ活動及び研修レポート  臨床研修レポート

アラムナイ活動及び研修レポート

UHでの実習レポート

木佐森永理

  3月3日から8日の5日間University of Hawaiiにおける Learning Clinical Reasoning Student Workshopに野口医学研究所を通し参加する機会を与えていただきました。実際の病院での研修、見学ではなく、ハワイ大学の医学生の教育を行っている施設で英語で医学を学ぶことができました。
今回のような海外での医学の研修は初めてでした。 英語が不十分であることに対する不安もありましたが、それ以上にアメリカでの実際の医学教育の現場を知ることができるという期待感がとても大きく楽しみにしていました。研修の内容は期待通りのものであり得られたものも多かったと思っています。 そのwork shopで得たことは大きく分けて3つあると考えています。
 一つ目はLearning Clinical Reasoning Student Workshopで学べた医学の知識についてです。プログラムの内容はclinical reasoning skill に関するもの、症例に対するphysical examinationの仕方、マネキンに対して救急の現場における心肺蘇生法の学習、腹腔鏡、気管支鏡のヴァーチャル実習、模擬患者に対する問診・身体診察、禁煙の指導の仕方、悪い知らせの伝え方など多彩で非常に幅広く学ぶことができました。
Clinical reasoning learningは、鑑別診断を頭にあげて、何を問診していき、どのような検査をオーダーするべきかどう治療するべきかといった講義でした。先生の説明はとても分かりやすく、学生も積極的に発言し、刺激的な参加型の講義でした。症例の学習の後はその症例に対する身体所見の取り方を学生同士で診察しあうことで学びました。
 これまで私が経験した教育ではそれぞれの疾患に対する疫学、病態、治療法などを疾患を中心として学習していき、一つの症例、症状に対して問診・身体所見を取り、鑑別診断を考えるといったトレーニングがほとんどありませんでした。このwork shopで学んだことを今後の学習に役立てていきたいと考えています。ここで学んだことは、知識そのものだけでなく勉強の方法を学べたので今後の学習に利用が可能な点が素晴らしかったです。
 二つ目はこのwork shopは医学の知識だけでなく、医師としてどうあるべきか、医学教育とはどうあるできかといったことを考える機会となった点です。町先生がされた医師のart面の重要性のお話や鈴木先生の医療教育についてのお話を聞き、またハワイの自然や人と触れ合うなかで、医学のscienceの面以外での点でも非常に得るものがありました。
 三つ目は多くの友人を作ることができた点です。このwork shopの参加者はすばらしい人が多かったです。楽しい思い出をつくることもできましたし、情報交換の良い場でもありました。なかなか鹿児島にいては他大学の志の高い生徒と交流する機会がないので非常に刺激になりました。
 最後に、このような素晴らしい機会を提供してくださった野口医学研究所の先生、スタッフの皆様、ハワイ大学の先生方に厚く御礼申し上げます。

・アラムナイ活動
 アラムナイ主要メンバー
 USMLE体験記
 CV・PSについてのアドバイス
 本のご紹介
・ジャーナル&研修レポート
 臨床研修レポート
 ジャーナル掲載記事