米国財団法人 野口医科学研究所

サイトマップ

お問い合わせ

HOME

 
設立趣旨 あゆみ 組織概要 臨床留学プログラム アラムナイ活動及び研修レポート セミナーのご案内 野口ニュース
アラムナイ活動及び研修レポート
臨床留学プログラム

アラムナイ主要メンバー

USMLE体験記

CV・PSについてのアドバイス

本のご紹介

臨床留学プログラム

臨床研修レポート

ジャーナル掲載記事

アラムナイ活動及び研修レポート

TOP  アラムナイ活動及び研修レポート  臨床研修レポート

アラムナイ活動及び研修レポート

UHでの実習レポート

布施佑太郎

 医と美と友。
 野口医学研究所のご支援のもと実現したハワイ大学JABSOMでの研修を通じて感じたり知ることのできた数多くのことの中で特にこの三つにフォーカスを当てて述べさせていただきたいと思います。
 まずは医について。今回の実習では問診の方法やプレゼンの理論などを含めClinical Reasoningを鍛え模擬患者を相手にする実践練習を積ませていただけました。トピックは限定されていたため事前に予習していったことが深い理解につながった気がします。また、実習ごとに別のパートナーを組むことによって各々の大学の教育の強みをお互いに教えあうことができて有意義でした。内容的には英語版PBLとOSCEといってよく、良い復習になったと感じていた同級生、上級生が多く見受けられました。
 このような医の知に関することの他にもう一つ大切な要素を学べました。それは医の心です。Patient CareはDr. Machiが挙げられた六つの要素の最初にくる概念であり、アメリカであろうと日本であろうと常にできなければならないものです。教えてくださった先生方は細やかなPatient Careを自然にされていてそれは肌で感じられるものであり多くを学ばせていただきました。Dr. SakaiのMorning Storyも医の心に通じるお話が主で大変ためになったと感じております。
 私はすぐに臨床実習が始まる身であり、ワークショップでの経験が大学の臨床実習で活かせるよう努力したいと思います。その意味でも四年の終わりにハワイ大学ワークショップに参加できたことは大きな意義がありました。
次に美についてです。今回の実習はおよそ三時前に終了することが多かった上ずっと快晴だったので自然を十分に享受する時間に恵まれました。三月でも温暖で海に入ったりダイアモンドヘッドに登ったりできてアウトドアを満喫しました。食事は何を食べても美味しく、ワークショップで出会った素敵な友人たちとビーチを前にしたレストランやバーで歓談しながら堪能できたのが思い出深いです。ハワイの美は人についても当てはまります。全く面識のない人たちと国を越えて挨拶し、話をして優雅な時を楽しめたこともリゾートであるハワイならではの美と言えると思います。
 三つ目は実習を通じて私が得ることのできた最高のもの、友について記します。日本全国から集った三十人余りと韓国からの医学生と知り合いになれたのは素晴らしい経験になりました。三年から五年という学年の垣根を超えてお互い切磋琢磨し教えあって伸びていこうとする姿勢の方々に恵まれました。様々な大学からの幅広い年齢層の参加者の中には自分とは全く異なるバックグラウンドを持つ方も沢山いて大変刺激を受け、自分のおかれた状況や将来について思考を深める良い機会になりました。実習の最中や自由時間に語り合ったり一緒に飲んだりするなかで、意識が高く目標を持って努力している全国の医学生の方々と友達になりこれからも付き合っていけることに喜びを感じています。

 最後となりますが、このワークショップに参加することができて心から楽しかったです。厚くもてなしてくださいましたハワイ大学の先生方、Kori-Joさん、一緒に勉強した皆さん、いつも支えてくれる家族、そして今回の素晴らしい機会をくださいました野口医学研究所の先生方とスタッフの皆様、本当にありがとうございました。本実習で培ったものを基にこれからも一層の努力をしていきたいと思います。
・アラムナイ活動
 アラムナイ主要メンバー
 USMLE体験記
 CV・PSについてのアドバイス
 本のご紹介
・ジャーナル&研修レポート
 臨床研修レポート
 ジャーナル掲載記事