米国財団法人 野口医科学研究所

サイトマップ

お問い合わせ

HOME

 
設立趣旨 あゆみ 組織概要 臨床留学プログラム アラムナイ活動及び研修レポート セミナーのご案内 野口ニュース
アラムナイ活動及び研修レポート
臨床留学プログラム

アラムナイ主要メンバー

USMLE体験記

CV・PSについてのアドバイス

本のご紹介

臨床留学プログラム

臨床研修レポート

ジャーナル掲載記事

アラムナイ活動及び研修レポート

TOP  アラムナイ活動及び研修レポート  臨床研修レポート

アラムナイ活動及び研修レポート

TJUでの実習レポート

皆川雅明

 

この度、野口医学研究所のご支援を賜り、Philadelphiaにある全米屈指の歴史をもつThomas Jefferson University Hospitalで行われたClinical Skills Programに参加させて頂きました。今回のプログラムには日本全国各地から向上心溢れる個性豊かな学生が参加しており、一週間共に時を過ごす事ができたお陰で、各々の医療に対しての価値観を共有でき、私の医療に対する考え方に幅ができたと感じております。米国のMedical Student、Resident、Attendingとも接する機会が多々あり、医学的知識のみならず日米両国の医学教育や医療システムについても活発な議論をする事もでき、とても刺激的な毎日でした。私が本プログラムに応募しました動機は5年次の夏に行われたNoguchi Summer Medical Schoolでの経験が大きいと思います。体系づけられた米国の医学教育、そして様々な文化が共存する米国の医療の端緒を感じる事ができ、今回は実際に自分自身で米国の医療現場を経験することで日本と米国の医療を相対化して、医師としての生き方に還元できれば、と考えておりました。事実、プログラムの内容は多岐にわたっており、尊敬する医療スタッフとの新たな出会いも含めて有意義なものでありました。以下に今回の研修で私が経験して参りました事を記させていただきます。
Internal Medicine Inpatient Roundsでは各々のグループの一員として一人ずつ配属され、教育的かつ実践的な環境で学ぶ事が出来ました。多様性のある宗教・文化・言語・医療資源などの各々を考慮して医療スタッフが上手に患者とコミュニーケションを取っていたのが印象的でした。患者の入院日数が日本と比較して短いために退院手続きの処理でレジデントの先生はとても忙しそうでした。そのような状況にも関わらず先生方は事前に病歴と身体所見の取り方を教えてくださり、患者一人一人に私の事を紹介してコミュニケーションを取らせて下さいました。今回、初めてオウム病の患者を診る機会がありました。間質性肺炎のステロイド療法により免疫能が低下して発症したの事でした。米国内でもそれほど頻度は高くないそうとの事でしたが、私の訪れたアメリカの都市では鳩などの鳥類が街中の至る所にいましたし、鳥類の生息との本疾患との関連性について興味深く思えました。

 Emergency MedicineではResidentの先生の御指導のもと、実際に問診と診察をさせて頂いてResidentの先生に対して病歴・所見に対しての説明とアセスメントプランをプレゼンをさせて頂きました。英語能力・医学的知識・診察技能に対してもまだまだ不十分であったので、今後の改善すべき課題を発見する事ができました。

 Family Medicineでは妊婦・新生児が数多く受診していたのが斬新に感じました。というのも米国のFamily Medicineでは一人の患者さんに30分かけてじっくり問診、身体診察を行い、加えて患者の生活背景を詳細に把握してそれに対して医学的教育もしていたので、私が今まで日本でかかりつけ医のクリニックで見学をしてきたものとはだいぶ隔たりを感じました。Family Medicineは立ち遅れていると指摘をされている分野の一つでありますが、とても重要な役割を担っているのだと実感しました。

 Pediatricsでは外来を見学させていただきました。米国は貧富の差が激しく、それによって生活環境・食生活・教育・医療資源がだいぶ異なってくるそうです。特に印象的であったのが小児の肥満の患児が日本と比較して多かった事でした。肥満の大きな原因としてはジュースの大量摂取によるものらしく、患児と彼らの親に対して教育も行っておりました。医師の教育者としての要素の重要性を改めて考えさせられました。指導をしてくれたアジア人女性医師はとても優秀で、良き理想モデルとなりました。現時点の自分の能力ではついていくのがやっとでしたが、医学的・人格的、語学的にも米国で一人前の医師としてやっていくのはこのレベルまで到達しなければならないのだと感じました。

 Clinical Skills CenterではDr. Majdanと共に心音ロボット”Harvey”を用いた聴診講義、人形模型を用いた内科・外科各手技を体験できました。巨大なsimulation centerを有しており、実践に近い形で手技を身につける事が出来る環境をとても羨ましく感じました。最終日にはDr. Majdanのチームの回診に参加させて頂いて、彼の人間性・professionalとしての在り方に強く心に響くものがありました。その後、米国版OSCEを15分という限られた時間で患者さんの問診・診察・アセスメントを行いました。米国の医学生やドクターが普段行っているように限られた時間で上手くできず、悔しい思いをしましたがこの貴重な経験を生かして今後の糧にしていきたいと決意を新たにしました。
 今回のプログラムで、日米両国での医療現場の各々の良い点・改善すべき点を自分の中で数多く体験でき、深く考える事が出来たことは、今後の大きな財産となったと思います。
 最後になりますが、浅野先生、佐藤先生、津田先生をはじめとする野口医学研究所の方々、プログラムをコーディネ―トして下さったMr. Michael Kenney、Mrs. Yumiko Radiをはじめとした Thomas Jefferson Universityのスタッフの方々、現地のエスコートや交流会を企画してくれたJeffersonの医学生にも深く感謝を申し上げて文章を締めくくらせて頂きます。以上申し上げたように、この上ない素晴らしいプログラムに参加させて頂ける機会を与えて下さり誠にありがとうございました。

 

・アラムナイ活動
 アラムナイ主要メンバー
 USMLE体験記
 CV・PSについてのアドバイス
 本のご紹介
・ジャーナル&研修レポート
 臨床研修レポート
 ジャーナル掲載記事