米国財団法人 野口医科学研究所

サイトマップ

お問い合わせ

HOME

 
設立趣旨 あゆみ 組織概要 臨床留学プログラム アラムナイ活動及び研修レポート セミナーのご案内 野口ニュース
アラムナイ活動及び研修レポート
臨床留学プログラム

アラムナイ主要メンバー

USMLE体験記

CV・PSについてのアドバイス

本のご紹介

臨床留学プログラム

臨床研修レポート

ジャーナル掲載記事

アラムナイ活動及び研修レポート

TOP  アラムナイ活動及び研修レポート  臨床研修レポート

アラムナイ活動及び研修レポート

TJUでの実習レポート

植木 愛

 

4年生の春休みの1週間を利用して、野口医学研究所を通じ、フィラデルフィアにあるトーマスジェファーソン大学での研修に参加させていただきました。研修に際し、印象に残ったこと、研修で得たことなどについて以下まとめたいと思います。
まず、今回の研修で最も有意義だったことは「実際の」アメリカの医学生、研修医というものをしっかりと自分で感じることができた点だと思います。研修中の半分くらいは実際にトーマスジェファーソン大学の医学生、レジデントあるいは指導医のシャドーイング(研修医や医学生にぴったりとくっついて外来や病棟をまわること)がプログラムに組まれており、内科病棟や救急、家庭医と小児科のクリニックを体験することができました。その中でもっとも印象的、というより衝撃をうけたのは現地の医学生と私との臨床能力の差でした。まだ私は当時日本の大学での臨床実習をやっていなかったこともあり日本の医学生の実習とアメリカの医学生の実習を比べてどうこう言うことはできませんが、それでも私があとたった数年でこのようになれるのだろうかととても不安に思いました。私が行動をともにさせてもらったのはほとんどが現地の4年生(当時日本の大学4年生だった私は現地の大学でいうと2年生ということになるので、2学年上の学生ではありましたが)だったのですが、彼らは実際に病棟のラウンド、あるいは外来の診察での医療チームの一員となり、問診をとり、カルテを記入し、鑑別疾患をあげ、診断をし、治療計画をたてていました。もちろん、その際に上級医に指導や許可を得て行っているものの、実際に医療チームの一員として機能している彼らをみて、私はうらやましくも思い、また悔しくも感じました。現地の学生によると、彼らは大学入学したてのころから問診をとり、学年があがるにつれてどんどん臨床の場にかかわっていく機会が増えていくそうです。よく日本で「アメリカの医学生の方が日本の医学生よりも勉強している」というのを聞きますが、実際に彼らは臨床の場で実際に問診をとったり鑑別疾患をあげたりする傍ら多くの試験、あるいは2年生の終わりのUSMLE STEP1や4年生の半ばのUSMLE STEP2にむけて時間を惜しんで勉強している、という印象を私は受けました。それもまた悔しくもあり、私ももっとがんばらなくては、と思わされました。
また多くの点で日本とアメリカの違いを肌で感じられたのも大きな収穫だったように思います。例えば、アメリカの人種の多様性や文化の違い、というのも今回の研修でを感じた興味深いことの一つです。おそらく日本では教科書でしか見ることのないと思われるサラセミアや鎌状赤血球症の患者さん診察や治療の様子を見せてもらえたことも、日本では経験できないという意味で貴重な経験だったと思います。薬物中毒患者や養子(遺伝的背景が両親とはことなる)なども多くて驚きました。また、出産を控えた女性医師の多さにも驚かされました。小児科を回らせてもらったとき、同じ部屋にいた研修医9名のうち7名が女性、うち2名が妊娠中で、まもなく数ヵ月後には赤ちゃんが生まれるという状態でした。その女性医師に尋ねたところ、小児科や産科というのはそもそも女性医師が多く(これは日本も同じなのではないかと思います)、研修したり仕事をしながら子供を産む、育てるのをサポートしてくれる雰囲気ができているということでした。日本ではやはりまだ女性が子供をうみながら働く、まして研修医のときに子供を産むというのは非常に難しい状況だと少なくとも私は感じています。同じ女性として彼女たちが心配なく子供を産める、育てていけるという状況にあるのはとてもうらやましく感じました。他に日本では医師が診察室で待っているところに患者さんが入ってくるのに対しアメリカではいくつもある診察室に患者さんが割り振られそこで患者さんが待っているところに医師が入っていくというスタイルの違い、科によるのでしょうがアメリカでは予約なしでは診察が受けれなかったり加入している保険会社によって訪れることのできる病院が限られていたり、という医療システムの違い、一人の患者さんにかけている時間の長さ(アメリカのほうが断然長い時間を一人の患者さんにかけていますが、それはアメリカでは一日に病院を訪れる人の数が全然日本よりも少ないからだとも感じました)の違いなども印象に残りました。
家庭医を目指している私にとってなんといっても今回の実習のハイライトであった家庭医クリニックでの実習はやはり予想していたとおりとても充実したものになりました。日本ではまだまだ概念が導入され始めたばかりともいえる家庭医ですが、その対応できる範囲の広さ、患者さんや地域の医療活動への貢献の度合いの高さ、患者さん一人を長く見ることができる点など、やはり私にはとても魅力的にうつりました。クリニックでシャドーイングさせていただいた指導医の先生は患者さんからも慕われつつ色々な疾患に十分に対応しておられ、なおかつ様々な社会活動にも参加されていたようで、私も将来こんな風になれたら・・と思わされずにはいられませんでした。
研修の残りの半分は主にDr.Madjanと一緒にシミュレーションラボでの講義や実習、最終日にはアメリカ版OSCEを体験させてもらいました。シミュレーションでの講義や実習の内容もさることながら、何よりもDr.Majdanの人間性、医療者としての姿勢が魅力的でとても印象に残りました。Dr.Majdanのおっしゃったことや患者さんに接する姿勢などは私が医療者として生きていくうえで忘れないだろうし忘れたくないと感じました。
全体を通して医学生としても、人としても学ぶことが多く、また現地の学生と同じ実習をさせていただくというのは当然ながら英語のトレーニングという面でもとても良い機会になりました。このような機会を与えてくださった浅野先生をはじめとした野口医学研究所の皆様、また現地での実りある実習を支えてくださった先生方、研修医・学生の皆様、私たちの現地でのサポートをしてくださった現地スタッフやボランティアの医学生の方々、本当にありがとうございました。

津田武先生からのコメント

 

 

今回の研修の中で最も大きな収穫は、実際自分のcounterpartであるアメリカでの医学生やレジデントと直接に会って、彼我の違いを肌で直接感じたことではないでしょうか?そして、その原因が個人の資質や能力の違いによるものではなく、教育というシステムの違いによるものだと気づいたのではないでしょうか?アメリカの医学部の最終学年の学生のレベルが実際どれくらいのものなのか実感できたのは、今後のプロフェッショナルとしてのキャリアを築いていく上で大きな収穫ではなかったかと思います。また女性医師の卒後研修の取り組み方など、日本に帰ってこれから若い皆様がどんどん意見を提示していくべきものだと思っています。このプログラムは、人と人との出逢いの重要さを強調しています。皆様の今後のご活躍を期待いたします。
津田 武

・アラムナイ活動
 アラムナイ主要メンバー
 USMLE体験記
 CV・PSについてのアドバイス
 本のご紹介
・ジャーナル&研修レポート
 臨床研修レポート
 ジャーナル掲載記事